脇毛処理 ブツブツ

脇毛処理のブツブツ、何とかしたい!原因と対策とは?

脇毛処理をした後に、脇の下にブツブツができてしまい、
ずっと治らないという悩みを抱えている人は、
実は案外多いんです。

 

その原因が、脇毛が生え始めた思春期の頃に、
脇毛処理の方法をよく知らずに毛抜きで抜いたり、
適当にカミソリで処理していたということ。

 

これらの間違った処理のせいで、
何年たっても脇の下のブツブツに悩まされているのです。

 

脇の下のブツブツは、見た目も綺麗ではないし、
触った感触もなんとなく不快で嫌ですよね。

 

この状態を放置したまま、間違った脇毛処理を続けると、
ブツブツは余計ひどくなり、更に黒ずみも進んでしまって、
本当に取り返しのつかないことになってしまいます。

 

脇毛処理でできたブツブツの原因は?

脇にできたブツブツは、間違った脇毛処理が原因なのですが、
脇毛処理に毛抜きかカミソリを使用していると、
こういったブツブツができやすくなります。

 

毛抜きで毛穴周辺の皮膚を引っ張ってのばしてしまったり、
カミソリで皮膚や毛穴を削ってしまったり、
そういったことが原因となってブツブツができてしまいます。

 

つまり、間違った脇毛処理で肌を傷付けた結果、
脇のブツブツができてしまうんですね。

 

一度できてしまった脇の下のブツブツを治すのは、
とっても大変なことです。
しかも、脇毛処理の仕方を間違えたままだと悪化するばかり!

 

脇毛処理でできたブツブツはどうしたら治る?

脇毛処理でできてしまったブツブツを治すには、
まずは間違えた脇毛処理を止めることが一番です。

 

脇の皮膚はとてもデリケートなので、
あまりにもブツブツがひどいようなら、
思い切ってしばらく脇毛処理をお休みして下さい。

 

とはいえ、夏場などはそうもいきませんよね。
肌に負担のかかりにくい電気シェーバーを使って脱毛したら、
抑毛効果のあるローションなどを塗りましょう。

 

自己処理での脇毛処理はどうしても負担がかかりやすいので、
なるべく処理の頻度を減らすのが、
ブツブツの解消への近道です。

 

できれば脇毛は自己処理に頼らず、
クリニックやサロンなどで、
プロの施術で処理するのがおすすめです。

 

脱毛するとき皮膚に負担をかけないため、
絶対に脇毛処理でブツブツができることはありません。

 

脇毛処理のブツブツにはスクラブが効果的!

脇毛処理でできてしまったブツブツには、
スクラブ入りの洗浄剤が効果的です。

 

しっかりお風呂で体を温めて毛穴を開き、
スクラブ入りの洗浄剤でブツブツを優しくこすりましょう。
強すぎる摩擦は肌トラブルの元なので気を付けて下さいね。

 

脇のブツブツだけでなく、脇の黒ずみの原因になる
くすみや埋没毛もケアできるのでおすすめです。

 

ただ、ブツブツが気になるからといって、
スクラブ入りの洗浄剤を毎日使うのは避けましょう。
週に一度くらいの使用で十分に効果があります。

 

スクラブ入りの洗浄剤に似た効果で、
エステサロンでのピーリングという方法もあります。
これもまた、脇のブツブツには効果的です。

 

脇毛処理でできたブツブツの症状に合わせて、
ホームケアかプロのケアか、
合う方を試してみて下さい。

 

脇毛処理のブツブツはきれいにできます!

脇毛処理のトラブルの中でも、
ブツブツ状態の肌は長年悩んでいる人が多いです。
けれども、ブツブツ肌は治すことができます。

 

そのためには、一刻も早く、
間違った脇毛処理を止めることです。

 

肌に負担をかけるような脇毛処理を続けていると、
脇のブツブツはどんどんひどくなり、
やがて取り返しのつかないことになります。

 

サロンやクリニックで脱毛するのが一番ですが、
自己処理のやり方を変えるだけでも、
ブツブツには劇的に効果があります。

 

一度できてしまったブツブツでも、
諦めないできちんとケアしてあげましょう。