脇の黒ずみ ピーリング石鹸

脇の黒ずみにピーリング石鹸は効果がある?

気になる脇の黒ずみを何とかして治したい…。
そんな悩みに、ピーリング石鹸は効果的なのでしょうか?

 

ピーリング石鹸とは、肌の表面の角質をきれいに剥がし、
ニキビ跡やしわなどにも効果があると言われている石鹸です。
成分や種類も様々なものが発売されています。

 

ピーリング石鹸を使って脇の黒ずみをきれいにできたら、
とっても便利ですよね。

 

脇の黒ずみにピーリング石鹸を使うことで、
果たして即効性や、脇の黒ずみの改善に
効果があるのか、ピーリング石鹸について調べてみました。

 

ピーリング石鹸は脇の黒ずみ改善効果は期待できない?

ピーリング石鹸は、肌の角質を溶かして、
古い角質や肌の汚れをとってくれる効果があります。
そのため、肌が弱い場所には少々不向きです。

 

脇の下の皮膚は非常に薄くてデリケートなので、
ピーリング石鹸を使うことで肌の角質を無理に剥がして、
痛めてしまう可能性があります。

 

肌を傷めてしまうと、肌を守ろうとして、細胞の中にある
メラニン色素が活性化します。
これが脇の黒ずみを悪化させてしまうのです。

 

脇の黒ずみをきれいにするためには、
肌のターンオーバーを正常に促し、
自然と肌が生まれ変わる状況が理想です。

 

そのためピーリング石鹸を使うことで、
肌のターンオーバーを無理に変えてしまい、
余計に肌トラブルを招く原因になることも。

 

ピーリング石鹸が黒ずみに効果があるケースとは

ピーリング石鹸は、あくまで肌の表面の
古い角質や汚れを取り除くだけです。
そのため、内部からの黒ずみには効果がありません。

 

ただし、肌の汚れなどが原因の脇の黒ずみには、
ピーリング石鹸は効果を発揮してくれます。
でも、そこまで脇が汚れるってあまりないですよね。

 

ピーリング石鹸で肌の黒ずみを落とすなら、
脇の黒ずみより、ひざやかかとなど、
角質が古く残りやすい場所の黒ずみが効果的です。

 

脇の下は皮膚が薄いため、あまり角質が固まる場所ではなく、
むしろピーリング石鹸を使うことで、
弱い皮膚を傷めてしまいます。

 

夏場など、皮脂の汚れがどうしても気になるときに、
週一程度のケアとしてピーリング石鹸を使うなら、
脇に使うのも大丈夫ですが、使い過ぎは気を付けましょう。

 

ピーリング石鹸を使うなら、保湿は絶対忘れずに!

脇の黒ずみにピーリング石鹸を使う場合、
必ず気を付けなくてはいけないのは、
使った後のケアです。

 

ピーリング石鹸は、肌がすべすべになった気がしますが、
実は肌にとって必要な油分や角質も剥がしています。
そのためピーリング石鹸を使った肌はとても無防備です。

 

ピーリング石鹸をスペシャルケアとして脇に使ったら、
必ずクリームやローションを使って保湿しましょう。
ピーリング石鹸を使った後の保護は大切です。

 

ただ、余計な角質はすっかりなくなっている状態なので、
この時に美白効果のあるクリームなどを使うと、
肌の奥に浸透しやすく、効果が得られます。

 

ピーリング石鹸を使って脇の黒ずみ自体は治せない!

ピーリング石鹸を使って脇の黒ずみを治すのは、
あまり効果的とは言えず、
使い方によっては逆効果になりかねません。

 

しかし、ピーリング石鹸を使って脇の黒ずみを治すのではなく、
脇の黒ずみ改善のための下準備には効果的です。

 

ピーリング石鹸を使って肌を柔らかくした後、
美白効果のあるクリームなどを塗ると、
非常に肌に浸透しやすいからです。

 

ピーリング石鹸だけに頼らず、
たまにつかうスペシャルケアの一つとして使うのが、
脇の黒ずみには一番いい方法ですね。