脇の黒ずみ 妊娠中

脇の黒ずみが妊娠中にひどくなる原因は?

脇の黒ずみの悩みは、年齢問わずに多いですが、
特に妊娠中に脇の黒ずみが悪化したという方は多いです。
どうして妊娠中、特に脇の黒ずみがひどくなるのでしょう。

 

妊娠中は様々な体の変化が起こりますが、
脇などのデリケートな部分の変化は、
なかなか他人に相談しづらいですよね。

 

妊娠中に起こる体の変化によって、
どうして脇が黒ずんでしまうのかの原因を調べました。

 

妊娠中の変化と脇の黒ずみの関係とは

妊娠してから大体四週目ごろを過ぎると、
体の色素に次第に変化が起こってきます。
乳首の色の変化や、シミ、そばかすの増加などです。

 

これと同様に、脇の黒ずみが目立ってくる方もいます。
しかし、妊娠中にこういった色素の変化が起こることは、
決しておかしなことではありません。

 

妊娠中に脇の黒ずみなどの色素の変化が起きるのは、
妊娠によってホルモンバランスが変化するからです。

 

妊娠に必要なエストロゲンとプロゲステロンという
二つの女性ホルモンが急激に増加することで、
体内のメラニン色素の細胞を刺激します。

 

その結果、体内でメラニン細胞を作る働きが活発化し、
肌に色素沈着が起こりやすくなります。
これが、妊娠中の脇の黒ずみの原因です。

 

妊娠中の脇の黒ずみ対策とは?

妊娠中に脇の黒ずみが起きるのは、
メラニン細胞が肌に沈着するのが原因なので、
この色素沈着を防いであげることが大切です。

 

そのため、原因である色素沈着を防ぐことのできる
美白効果のある乳液やクリームが効果的でしょう。
ビタミンC誘導体が含まれているものがおすすめです。

 

また、あまりに脇の黒ずみが気になる場合は、
脇の黒ずみを防ぐためのピーリング石鹸なども効果的です。
黒ずみ部分の角質を落とす効果があります。

 

ただ、妊娠中の色素沈着が原因で
脇の黒ずみが起こるのは、ある程度仕方ないことです。
そのため、過度なピーリングは避けましょう。

 

肌に刺激を与えすぎることで、
余計にメラニン細胞が活性化して、
肌の色素沈着をよりひどくしてしまいます。

 

妊娠中の脇の黒ずみができたら治せない?

妊娠中に脇の黒ずみができてしまっても、
それは一時的なものです。ホルモンバランスの乱れが
原因なので、多くの場合は出産後改善します。

 

妊娠中に変化した女性ホルモンのバランスが、
出産することで元のバランスに戻ることで、
自然とメラニン細胞が落ち着いてくるからです。

 

そのため、妊娠中の脇の黒ずみを気にして、
過剰にケアする必要はありません。

 

ただ、皮膚の代謝が落ちることで、
正常に皮膚が新しいものに生まれ変わらなくなるので、
たまにピーリングしてあげるのは効果的です。

 

大体の場合、産後半年もすると、
ホルモンのバランスも正常に整い、
脇の黒ずみはいつの間にか薄くなっていきます。

 

妊娠中の脇の黒ずみは、
あまり気にしすぎないのが一番かもしれません。

 

妊娠中の脇の黒ずみは、そのままでも大丈夫!

妊娠中の脇の黒ずみは、乾燥による黒ずみや、
自己処理の失敗で肌を傷付けたものによる
脇の黒ずみとは原因が違います。

 

あくまでも体内のホルモンバランスの変化が原因なので、
出産が終われば自然と脇の黒ずみはきれいになります。

 

妊娠中に脇の黒ずみが起きて、
出産後にも綺麗に戻らない人は、
必要以上のケアが原因の場合が多いです。

 

過度なケアは脇の下の敏感な皮膚を傷付け、
余計に色素沈着を招きます。

 

妊娠中は脇の黒ずみも当たり前の変化だと思って、
あまり気にしすぎず、自然に綺麗になるのを待ちましょう!