脇の黒ずみ オロナイン

脇の黒ずみにオロナインを使うと効果はある?

オロナインと言えば、様々な皮膚トラブルに効果のある、
万能の塗り薬というイメージがありますね。

 

オロナインの効能を調べると、ニキビ、ヤケド、吹き出物、
ヒビ、しもやけ、あかぎれ、キズなど、色々書いてあります。
けれども、脇の黒ずみに関してはどうなのでしょうか。

 

殺菌効果や炎症を抑える効果もあるようなので、
自己処理で傷ついた脇の炎症などを抑えて、
黒ずみを抑える効果は期待できるかもしれません。

 

万能塗り薬として有名なオロナインが、
果たして脇の黒ずみに効果を発揮するのか、
オロナインの成分などから調べてみました。

 

オロナインに含まれる成分は脇の黒ずみに効果があるか?

オロナインの主成分はクロルヘキシジングルコン酸塩といい、
これには炎症を抑える効果があります。
オロナインが傷やニキビに聞くのは、この成分のおかげです。

 

しかし、脇の黒ずみを解消するような美白効果や、
ピーリング効果があるような成分は、
オロナインには全く含まれていません。

 

そのため、オロナインが脇の黒ずみに効果的なのは、
やはり炎症を抑える作用のおかげです。

 

脇の皮膚は非常に薄くて敏感なので、
カミソリや毛抜きで自己処理すると、
すぐに肌荒れをして炎症を起こします。

 

自己処理の後にオロナインを塗っておくことで、
炎症の可能性を防ぎ、肌を保護することができるので、
脇の黒ずみを防ぐ効果が期待できます。

 

脇の黒ずみを治す効果はオロナインにはない?

オロナインは、残念ながらすでにできてしまっている
脇の黒ずみを治す効果はほとんどありません。

 

そのため、オロナインが脇の黒ずみに期待できるのは、
脇の黒ずみの予防薬としての効果でしょう。

 

脇の下の皮膚に刺激を与えると炎症が起きて、
黒ずみの原因になりますが、
オロナインの抗炎症効果は抜群です。

 

脇の黒ずみは、出来てしまったものを治すのは難しく、
予防するのがとても重要です。

 

日焼けのあとや、ムダ毛処理の後など、
普段より肌の刺激が気になるときは、
オロナインを薄く塗ると予防効果が期待できます。

 

また、オロナインは保湿効果も期待できるため、
乾燥が原因の脇の黒ずみの予防にもなります。

 

オロナインパックで脇の黒ずみの予防をしよう

日常的にオロナインを脇の黒ずみに使うなら、
オロナインパックがおすすめです。

 

まず、入浴前にオロナインを脇の下に塗ります。
その後、オロナインを塗った部分を濡らさないようにして、
半身浴で体を温めます。

 

そうすることでしっかり毛穴が開き、
オロナインに含まれる油分が脇の黒ずみの原因である
汚れを吸着してくれるのです。

 

あとはしっかりシャワーで洗い流して、
普通に体を洗うだけでOKです。

 

乾燥が気になる場合は、オロナインにすこしぬるま湯を混ぜて伸ばし、
お風呂上がりの保湿ローション代わりに使うのも効果的です。

 

オロナインは脇の黒ずみにも効果がある万能薬だった!

オロナインは、何にでも効果があるという万能薬として
あらゆる場面で使われていますが、
脇の黒ずみにも効果があるのは驚きですね。

 

オロナインが脇の黒ずみに発揮する効果は、
予防しての効果ですが、脇の肌トラブルを防ぐには、
オロナインは安全な薬でおすすめです。

 

汚れを取ったり、炎症を抑えたりと、
オロナインは非常に脇の黒ずみの予防に効果的です。

 

脇の黒ずみは、一度できてしまうと本当に厄介で、
悪化すると治療も大変で時間もかかります。

 

それなら、オロナインを使って、普段から
脇の黒ずみケアをしておくほうがいいですよね。
オロナインをうまく使って、綺麗な脇をキープしましょう。