脇黒ずみ 原因

脇の黒ずみの原因を知って綺麗なツルツル脇を手に入れよう!

脇の黒ずみは女子の大きな悩みの一つです。
一度黒ずんでしまった脇は、なかなか治りにくいもの。

 

せっかくノースリーブや水着を着ても、脇が黒ずんでいては
おしゃれが台無しになってしまいますよね。

 

どんなに身だしなみを気にしていても、脇の黒ずみがあったら、
それだけで恥ずかしくて誰にも見せられなくなってしまいます。
そんな厄介な脇の黒ずみについて、原因を調べてみました。

 

脇の黒ずみの原因はメラニン色素の沈着が原因?

 

脇の黒ずみの原因は、二つのパターンに分かれます。
まず一つ目は、メラニン色素の沈着です。
メラニン色素は、黒ずみの元となる色素のことです。

 

このメラニン色素に含まれているメラノサイトという細胞は、
肌に刺激を与えると防御反応を起こして、
皮膚の中に沈着します。

 

刺激に弱い部分程、このメラノサイトの反応が強くなるのです。
脇の下の皮膚は、特に薄くてデリケートにできています。

 

わき毛が太くて黒々しているのは、
薄くて弱い皮膚を刺激から守るためです。

 

しかし、そのわき毛を処理する際の刺激で、
メラニン色素が沈着して脇の黒ずみの原因になってしまいます。

 

脇の黒ずみは、汚れが詰まるのも大きな原因だった?

脇の黒ずみの原因となるもう一つの理由は、
皮脂や古い角質などの汚れが毛穴につまり、
黒ずみに変わってしまうことです。

 

脇は、汗をかいたり、皮脂の分泌が非常に活発な場所です。
そのため、制汗剤をかけて汗や匂いを予防しますよね?

 

しかし、その汗や匂いを抑えるための制汗剤さえ、
脇の黒ずみの原因となってしまう場合があるのです。
脇はなるべく清潔にして、余分な汚れが残らないようにしましょう。

 

黒ずみに悩むあまりに、あれこれとスキンケアをしたり、
必要以上に触ることで脇に刺激を与え、黒ずみの原因となります。

 

脇の黒ずみはムダ毛の処理も原因だった!

脇の黒ずみには刺激が大敵だということをご紹介しましたが、
ここで大切なのが、脇のムダ毛処理の方法です。
ムダ毛処理のやり方を間違えると、脇の黒ずみの原因になります。

 

カミソリや毛抜きなどでの自己処理は、肌に負担をかけます。
そのため、メラニン色素が肌に沈着して、
脇の黒ずみが発生する可能性がとても高まります。

 

無理にわき毛を抜いたり、カミソリで処理するのは、
脇の黒ずみに繋がり、綺麗な脇にはなりません。

 

脇の処理をする際には、出来るだけ負担のかからない方法で、
肌を傷めないように気を付けましょう。

 

脇の黒ずみの原因を避けるために

脇の黒ずみは、余計な刺激をお肌に与えないことが一番です。
そのためには、毎日のムダ毛処理に十分に気を付け、
肌をきちんと保護する習慣を付けましょう。

 

また、制汗剤や化粧品などの刺激にも注意し、
いつでも肌を清潔に保つことも大切です。

 

気を付けたいのは、黒ずみを隠そうとして、
ファンデーションなどを塗ってそのままにすることです。
毛穴をふさぎ、皮脂を詰まらせてしまうので厳禁です!

 

無理な自己処理をするよりも、サロンなどで脱毛するのも、
脇の黒ずみを避けるためにはよいでしょう。
サロンなら肌に負担もかからず、綺麗な脇に仕上がりますよ。